2015年09月06日

THE GROOVERS at The VooDooLounge − 8/30

時間を勘違いし、バスにてギリギリ10分前に到着。
着いてから、くまにも連絡しとけば良かったと思う。

客入れは、ヴェルヴェッツとかストーンズとか。
「Bitch」がカッコいい。最近Sticky Fingers関連はよく聴く。

18:30より10分押しでスタート。
観客はギュウギュウではないが大盛り上がり。

6年振り、というか俺はその6年前も行ってないのでもっと前にさかのぼる。
9年振りぐらいか。

1週間経ってちょっと忘れてきたが。。。

。。。

「狂おしきこの世界」からスタート。
あと「Groovaholic」と1、2曲。
メンバー紹介を曲間に挟みながら。

ギターは例のグレッチ。
ちょっとヌケが悪いか? うーん。音のすき間は埋まってるが。。。
なんてこととは関係なく、声援あるいは雄叫びが飛び交う。

ここから「Groovism」の楽曲へ。

「無条件シンパシー」からスタート。

ギターもここから持ち替え(※注1)。フェンダーっぽい?がヘッド形状がちと違う。
こっちのギターの方が好み。
キレもあるが適度な粘りもある。

「ツアーは2日目が一番イイ!」といったリップサービスも交え(前日の福山では「初日が一番イイ!」と言ってたらしい)、ニューアルバムの楽曲が熱量高めでかかってくる。
観客も負けじの熱量で応える。

「メジャーの頃なら絶対にシングルカットしてた」との「PERFECT DAY」。
「それが唯一の」でロックンロール。
「空白」は、アルバムではサビのスライドギターに耳を奪われっぱなしだが、ライヴではスライドなしで詩がまっすぐ届く。

「遠吠え彼方に」でちょいクールダウン。

余韻を噛みしめつつ次の曲を待つ観客に向け、
「今入った情報によると、福岡での動員は今回が一番だそうだ!」
「俺たちもようやく人気が出てきた!」(※注2)
に大ウケ。
今日唯一おとなしかった観客にまた火が点く。

「EL DIABLO」までで1曲を残し「Groovism」コーナーは一旦終了。

定番の旧曲をメインにラストへ進む。

「最後の煙草に火を点ける」だったか、3号線を歌詞に盛り込むローカルネタ。
「無敵の日々」では「do you love me ?」の大合唱。
あと、「乱気流ガール」や「Mr. Desire」だとか。
「UNDER THE FOGGY MOON」ではミラーボールが回る。

「SWEETHEART OF MY SOUL」で恒例のメンバー紹介。
高橋BOBのところで、観客がまさかの「オイ! オイ!」コールであおる。
BOBさんも「あーもうマジかよー」の苦笑、でもうれしい的な表情。

「ONE FOR THE ROAD」の詩が沁みる。
「(What's So Funny 'Bout) Peace, Love, and Understanding」は史上最悪のソーリに向けて。

「現在地」でアンコール2回目を締めて終了。

2時間くらいか。

ハケた後のステージを写真に収め、物販のとこにいると声を掛けられる。
何とケンケンさん。
無礼者達は最近どうしてるか聞いてみると、絶賛月イチライヴ中とのこと。
知らんかったー。
9月のに行く旨伝え、会場を出る。

メイン使用のギターが気になって調べる。
Fビグだしフェンダーのシグネチャーか何か?と思ってたら愛知のTruthなる工房で作ったギターらしい。

150906_01_GR.jpg

CDだけやなくOTOTOYからもダウンロードした。

150906_02_GR.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
(※注1)グレッチはこの後、「Groovism」コーナー終了後の1曲のみしか登場しない。カポ使用で、何の曲だったか忘れた。
あと、「ONE FOR THE ROAD」のみ2ボリュームのカスタムテレ。このテレはライヴで見るの初めてかも? これも非常に良い音してた。
(※注2)「ELECTRIC WHISPER」辺りのツアーでビブレホールだとかでやってた20年近く前、俺の知り合い(当時のバンドメンバーやウチのやつ含む)が5人くらい観に来てたが、今回は来ていない。その5人の不足を補う以上の新たなファンをその間獲得してきたことになる。

2014年11月21日

My GenerationのハイレゾStereo/Mono

今年の初めに引っ越しして大半のCD/レコードはまだ段ボールの中。。。

ただWhoのCDの幾つかはリッピング済みだったので、My GenerationもStereoのDE/Monoの拡大版とも聴ける状態だった。

HDtracksにてDL(クーポンコードで10%offだが、昨今の円安で割高感あり)したMy GenerationのハイレゾStereo/MonoをCD版と軽く比較してみたのだが、、、

前回ふれたStereo Versionは、ボーナストラックまで含めDEとはミックス違いというのが一聴して分かる。
音造りも、CDのDE版が今風な感じにギラギラしてかなりいじってそうだが、ハイレゾはちょっとくすんで比較的自然(と言うのも変だが)な感触。

ギターのオーバーダブの有無もそうだが、その他、ギターの定位が違うとかタンバリンの有無といったものも曲によってあった。

Mono Versionのハイレゾは、CDの拡大版と比較してもほぼ同じ。
CDの方が、若干荒く感じる部分もある、と言うか、CDの器に入れるためにちょっとだけいじってるのかも知れない。
レコードだとA面最後のMy GenerationについてはCDの方が鮮度感があるように感じた。オリジナルはこの曲は確かシングルのマスターのコピーだったので、他の曲より鮮度がないのがよりオリジナルらしいとも言えるが。

あと、Mono VersionのハイレゾとCDの拡大版の曲目も全て同じと思っていたら、ハイレゾは最後の曲がInstant Party Mixtureだった。CDだとCirclesがバージョン違いで2曲入っててそのうちの1曲とInstant Party Mixtureが入れ替わった格好。

2014年11月19日

今度はMy Generationが!

Live At LeedsのハイレゾはDEと言いつつCD版とは違うんだなー、なんてことを記事に書こうかと思っていたら、The Whoのハイレゾ・アーカイヴ第2弾(と勝手に言ってる。第1弾は先のLive At Leedsとか)がHDtracksにアップされている。

My Generationのmono/stereoとWho's Missing、Two's Missingがそうなのだが、My Generation (Stereo Version) はDEと収録曲が少し違うな、と気にしつつ試聴してみたら、椅子からコケそうになった。

http://www.hdtracks.com/new/my-generation-stereo-version

リアルステレオではあるが、My Generation や A Legal Matterはギターのオーバーダブあり(但し、モノバージョンとは別テイクと思われる)。The Kids Are Alrightもボーカル二重録りのようだ。

ちなみに、stereoのDEではそれぞれ、ギターのオーバーダブなし、シングルボーカルであった。

ハイレゾにはいわゆるライナーが付属しないものが多く(国内で配信されてるものについてもそう)、HDtracksには「About This Album」というアルバムごとの紹介欄があるものの、基本的にはそれほど有益な情報は無い。

一体どういう経緯でこのStereo Versionが製作されたのか、とても気になるところであるが。。。

ちなみに、Mono Versionの方はCDで既発の拡大版と同じと思われる。
でも、ハイレゾだから96kHz/24bitなので、アナログマスターから作成したデジタルマスター相当。

2014年11月04日

Live At Leedsの一大事!

事前のアナウンスは一切なし。海外でもニュース等出てなかった、これ。

↓↓↓

Live At Leeds [Deluxe Edition] 96kHz/24bit
http://www.e-onkyo.com/music/album/uml00602537945726/

「2014 HD Version」とあるので、今回のハイレゾ向けにリマスタリングしてある可能性あり。

Live At Leeds [Deluxe Edition] は、これまでのThe WhoのDEの中で唯一44.1kHz/16bitのCDフォーマット以外の音源が無かった。
(他のDEは、SACD/vinyl等有り)

2年前にSACDの予定があったが、「オリジナルマスターテープからの〜」という事前のアナウンスから、これは無理だろうと思っていた(※注1)。で、このSACDは案の定発売中止になったのだが。。。

いつかアナログででも出てくれれば良いと思っていたのだが。。。
e-onkyoのトップページのNewReleasesに何気に入ってて、なにかレコ屋をぶらぶらしてて思いがけなく「こんなの出てたのか!」とレコを手に取るのと同じ気分。

同発で、四重人格のSDEと、The Who By Numbers。これらももちろん96kHz/24bit。

。。。

夏前からフィジカルで買っていない。
HDtracksやe-onkyoのハイレゾばかりだ。

10月はJohn Lennonから選りすぐって。
んでjazzをちょっとだけ。
PaulとLindaのRamもこれを機会に聴いてみた(ら、スゴい良かった)。
Zepが先週に4thと5thが出て、今週はPaulが2つ。

【追記 14/11/05】
CD2枚組だと分断されてたライヴの曲順だが(1枚目:ライヴ序盤と終盤。2枚目:ライヴ中盤のTommyパート)、今回のハイレゾ音源でめでたく本来のライヴと同じ流れの曲順となった。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
(※注1)編集で有名なのは、Shakin' All Over中のSpoonfulを権利関係でカット(ただ、これはマスター2chの時点で切ってあるか)。その他もDEではピートのミスの編集やロジャーの下品な笑い声を消してあったり、DE向けに細かい編集をしてある。

2013年01月06日

ロバーツコーヒーのカフェに行ってきた

天神で微妙に時間が空いたので、ロバーツコーヒーのカフェに行ってきた。

学生ん時からの悪友くまがガッツリからんでる店がとうとうオープン。
おめでとう。

とりあえずホットコーヒーと小紫いも大福?を頂く。

店長さんだったかな? お冷ありがとうございます。

実は俺はロバーツコーヒーの紅茶の方が好き(※注1)なので、今度行った時は紅茶を頼んでみよう。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
(※注1)English Breakfastが最高。ミルクで飲んだことは無い。てか、ストレートが最高なのだ。

130106_01_RC.jpg
posted by ton-goo at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月26日

The Rolling Stones 『Crossfire Hurricane』 at ユナイテッド・シネマ キャナルシティ13 − 11/22

木曜の仕事終わり、みやちゃんさんとキャナルシティへ。
来月にはDVD/BDが発売になるが、一足先に映画館で観てみる。

以下、本編については余りネタバレのない範囲で。。。

まず特別映像と思われるのが本編前に。
ロンドンでのプレミア上映の様子。(これはセルDVD/BDの特典映像じゃなさそうで映画館のみのようだ)
レッドカーペットにて監督、ミックの元嫁、娘、(ビートルズのイメージしかないが)リアム・ギャラガー夫妻(再婚してたのか)、ビル・ワイマンらが喧騒の中インタビューを受ける。
そして、主役のメンバー4人が Howlin' Wolf の Wang Dang Doodle をバックに登場。インタビューやファンからのサインに応じる。ロンが気ままに動きまわりセキュリティーの男が慌てて追いかける。
10分近くそんな映像が流れ、いやが上にも映画本編に向けて気分が高まる。

映像が切り替わり、場所は室内へ。
別途収録された、ミックとキースからの日本に向けてのメッセージ。これはセルDVD/BDの特典映像にもなるらしい。キースのやる気ないカンペ頼りのコメントが彼らしい。

さあ、いざ本編。

現在の視点でコメントするのが、メンバー4人に加えビルとミック・テイラー。
このコメントが工夫されていて、映画の良い流れに貢献している。
ライヴ/ニュース/インタビュー等の映像を織り交ぜ、とてもテンポ良く進んでいく。

資料的な意味では「25x5」(祈DVD/BD化)に譲るが、この映画は、いかにストーンズがカッコいい存在か、ということを楽しむに尽きる。
既出でレストアされているはずの映像も、あえて荒いままのようだ。当時の気分を感じろ、というとこだろう。

但し、音源については磨き上げられている。さりげなく公式未発表のアウトテイク等が素晴らしい音質で使用されており、そっちに耳が行ってメンバーのコメントを聞き逃してしまう。
で、その音源、サントラでじっくり聴けるかと言えば、この映画はいわゆる一般の映画形態と違うからだろうかサントラは製作されていない。残念。

んで、ラスト。既出のライヴ映像で幕、となるのだが、ラスト直前が個人的に衝撃が大き過ぎてラストの曲が何やってたか忘れた汗。
明日、みやちゃんさんに聞いてみよう。

さてさて、明日25日と29日のロンドンでの(結成)50周年記念ライヴには、ビルとミック・テイラーがゲスト参加。
1、2曲と言わず何曲でも。んで来年のデビュー50周年には映像化して欲しい。

今年は後半から怒涛だったな。
StonesArchive の Bootlegsシリーズもめでたく6作目まで発表。(これで完結は寂しい)
『Charlie Is My Darling』はSDXで手にしたい。(輸入盤でも日本語字幕との情報が)
『Grrr!』の Blu-ray Audio は未だ入荷待ち。

来年のデビュー50周年にも恐らく色々用意されているだろう。
商売も大事かも知れないが(そういう意味で『Grrr!』にはガッカリ)、今年以上の蔵出し大盤振る舞いを期待。

2012年07月02日

紫陽花(あじさい)革命、10万人を超える

6/29の官邸前、主催者発表は20万人。
報道しないテレビ・新聞もあり。

ツイッターでこんな発言があったらしい。

◆◆◆◆◆
昨日の反対運動が読売系列ではほとんど報道されていません。読売新聞の東京本社のに(※ママ)聞いてみました。「当社の主義主張に合わない行動なので掲載しない判断をした。当社としては認められない行動であった」という、何か恐ろしくなる回答をいただきました。
◆◆◆◆◆

読売の発言の真偽はともかく、考えてることは大体あってるだろう。

読売新聞、随分長いこと読んでたが震災後の原発関連報道に辟易して、やめた。
posted by ton-goo at 03:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月21日

PM試験も一段落したし

仕事がらみで受けるはめになった(?)PM試験。
この前の日曜が試験。
2ヵ月後の結果を待たずとも午後Uの字数が足りてないし不合格は間違いない。
また来年、と。

試験が終わった後の開放感。
何だろ。
一仕事終わった後とはちょっと感覚が違う。

さてさて、愛用していたCDプレーヤーとアンプにガタが来ている。

CDプレーヤー(てかLDコンパチ)は今まで数回修理して使ってきたが、こいつを今後どうするかはともかく、新しいCDプレーヤー(てかSACDプレーヤー)を物色中。

アンプについては数年前に中古で買ったSANSUIのAU-D707F EXTRAをキチンと修理に出すべきかも知れないが、修理代に回せる金でELEKITのTU-H80を買ってしまった。

120421_01_TU-H80.jpg

Technicsのフルレンジの低音が物足りない部分をしっかり補う。相性はバッチリのようだ。
真空管の魔力か、TU-H80とフルレンジでばっか音楽聴いてる。
写真はボ・ディドリーのトリビュート。
posted by ton-goo at 02:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月20日

さてと。。。1年振りの更新 - 積み木遊び、その他

知り合いの紹介で、ウチの子と積み木遊びのイベントへ。
間伐材を使ったたくさんの積み木。
木の香りが気持ちいい。元気が出る。

5000個の積み木、これだけあると子供だけじゃなく大人も立派に遊べる。

積み木を提供している団体の研修生さんも参加。
やはり手馴れてる。見事な造形。

その研修生さん達、日本に農業の勉強に来てるとのこと。
ミャンマー、カンボジア、マレーシアの3人。
ミャンマー、カンボジアは何となく国の位置は思い浮かんだが、マレーシアは地図で確認してしまった。

原発にまつわる問題とかTPPとか、農業への関心も以前より高い中、研修生さんの話しは興味深かった。
彼らが研修センターにて作った野菜(有機/無農薬)は、俺ん家の近くの店に置いてあるとのこと。ウチのやつが前々から行ってみようとチェックしていた店。今度こそ行ってみよう。


さて、昨日のストーンズ関連。
「LIVE IN TEXAS '78」のDVD+CDが到着。開封したのみ。。。明日CDは聴いてみよう。
んで、「The Brussels Affair」をオフィシャルからダウンロード。こっちは何とか半分聴いてみる。やっぱこの時期のストーンズはアツい!


がしかし、ちょっと寒くなりかけるこの時期の秋にはdipが聴きたくなる。
ので、ストーンズのブツを傍らに部屋に流れるはdipの「feu follet」。
ちなみにメジャー1stが年末に祝再発!


さてさて、今日はホークスが8年振りの日本一。
ホークスファンの皆さん、おめでとうございます!
飲み明かして下さい!
posted by ton-goo at 23:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記・雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月31日

夏休みはもう終わり、と言っても

この暑さはまだまだ終わらんなー。
朝晩ほんのちょっと気温が下がる日が出てきたが。

3ヶ月ご無沙汰。
その間、いろいろあったよな、ないよな。

久し振りにeBayやったりすると円高のおかげでビックリするくらい安い。
送料が全体にちょっと高くなったか。ぼられてるワケではないようだが。

先週の日曜、子供と遊びに出てたらゲリラ雨にやられた。
どしゃ降りの中、傘さして子供をだっこ。
ひざまでずぶ濡れ。雷が鳴りそう。
でも、なんか楽しいね。

夏を思い出す、もしくは夏に聴きたくなるアルバム。

100831_01_Sum.jpg

Cibo Matto / Stereo Type A(リンク先に試聴あり)

意外って言われそうだな。
映像そんな無いが、このライヴは良い。
ベースの人のお父さんのアルバムが、この秋どっさりリマスターで再発。

Cibo Matto - King Of Silence (Live)
http://www.youtube.com/watch?v=5WRqGfxGXBw

Number Girl / Sappukei(リンク先に試聴あり)

歌詞がやっぱ夏だね。

[Live] NUMBER GIRL - TRAMPOLINE GIRL
http://www.youtube.com/watch?v=UG1t0-0gTUM

100831_02_Sum.jpg

Blankey Jet City / Love Flash Fever

ブランキーは試聴が見つからんかったんで、YouTubeから多めに。
「ピンクの若いブタ」はシングルのみだけど、録音の質感はアルバムと一緒。

ガソリンの揺れかた
http://www.youtube.com/watch?v=QNQiU4-vBx0

海を探す・デニスホッパー
http://www.youtube.com/watch?v=o3zOpZWJAUQ

spaghetti hair
http://www.youtube.com/watch?v=LTxb23Ygw7U

BLANKEY JET CITY ピンクの若いブタ
http://www.youtube.com/watch?v=-xykViXpxA0

同じく、
Blankey Jet City / ロメオの心臓

Blankey Jet City 小さな恋のメロディ
http://www.youtube.com/watch?v=Wqz8qXu25Lw

Blankey Jet City ロメオ
http://www.youtube.com/watch?v=x47CwNR-aHI

幸せな人
http://www.youtube.com/watch?v=dOQXgpIzWJ4

Blankey Jet City - ドブネズミ
http://www.youtube.com/watch?v=WybHyM9RGIA

100831_03_Who.jpg