2006年06月13日

オーストラリアvs日本:3―1 (6/12 カイザースラウテルン)

もし、この試合が0−1や0−2で日本が勝ったとしても、こう書いたと思う。
ラストパスやシュートの精度が低い。
シュートを打つチャレンジをしないことには得点に結びつかない、と。

前半はオーストラリアの攻勢に押されていたがラッキーな先制点で流れが日本に。
後半に入ると安定した守備でオーストラリアにチャンスを与えず、スキを見て速い攻撃を仕掛ける。ただ、良い形で攻撃を終わらせることが出来ない。
良い流れの時に追加点が取れなかったのは非常に痛かった。特にシュートを打たずにパスを選択する消極的な姿勢は評価出来ない。得点が欲しければシュートを打たないことには始まらない。
シュート本数はオーストラリア21本に対し日本は11本。
posted by ton-goo at 02:23| Comment(6) | TrackBack(1) | サッカー(アビスパ以外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月11日

W杯開幕 〜 日本代表初戦前夜

ただ今、セルビア・モンテネグロvsオランダ戦の後半途中。0−1。

解説はソリさん(反町康治)。頭脳明晰に加え人間味に溢れる人で、監督としても大好きだが解説としても大好きだ。
実況の町田右アナは学生時代にサッカー部に在籍していたということで、その経験を生かした実況で好感が持てる。

おっ、スタジオにはノブさん(小島伸幸)が。いつになったら硬さが抜けるんだ。ホントはもっと気さくな人なのに(笑)。

そうそう、セルビア・モンテネグロの監督ペトコビッチは、福岡でコーチをやってた(98年かな?)。


明日は日本代表が初戦を迎える。
ナマで観れるかどうか微妙だが、決して腑抜けた試合だけはやらないで欲しい。
ここに来て不完全燃焼のプレーなんか見たくない。
posted by ton-goo at 23:36| Comment(0) | TrackBack(1) | サッカー(アビスパ以外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月04日

新監督は川勝良一氏に決定

決まらんよりは決まった方が良いね。
実際に指揮を執るのはオフ明けの6/19からかな。リーグ戦再開の1ヶ月前。。。

こんな言い訳がましい文章が公式HPに。
『クラブが下したものは一番ドラスティックな監督解任でありました。』そりゃードラスティックだったろうさ。(苦笑)
『その補強の必要性を再確認したところであります。』補強はうまくいってんだろーな? あんま表に話は出てこんけど。福田ってホントかよ?
で、締めが『アビスパ福岡株式会社』。こういう場合は個人名で出すべきだろ(怒)。社長でもチーム統括グループ長(長い)でもいいから。監督に責任を押し付けて、自分達は言い訳する時もその言葉の責任を取らないつもりか。
posted by ton-goo at 02:57| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー(アビスパ関連) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする