2006年06月13日

オーストラリアvs日本:3―1 (6/12 カイザースラウテルン)

もし、この試合が0−1や0−2で日本が勝ったとしても、こう書いたと思う。
ラストパスやシュートの精度が低い。
シュートを打つチャレンジをしないことには得点に結びつかない、と。

前半はオーストラリアの攻勢に押されていたがラッキーな先制点で流れが日本に。
後半に入ると安定した守備でオーストラリアにチャンスを与えず、スキを見て速い攻撃を仕掛ける。ただ、良い形で攻撃を終わらせることが出来ない。
良い流れの時に追加点が取れなかったのは非常に痛かった。特にシュートを打たずにパスを選択する消極的な姿勢は評価出来ない。得点が欲しければシュートを打たないことには始まらない。
シュート本数はオーストラリア21本に対し日本は11本。
posted by ton-goo at 02:23| Comment(6) | TrackBack(1) | サッカー(アビスパ以外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする