2006年07月19日

久し振りの更新 − W杯も終わって

1ヶ月振りに更新。

仕事はともかく、育児&家事に忙しい日々。
W杯の喧騒もほぼ納まりつつある。

ここんとこサッカー関連の記事が続いた。
この1ヶ月、W杯がらみで色んな事が起きたが、もうここで思った全てを書くつもりはない。
でも、ほんの少しだけ。

ジーコが終わった後には特に財産らしいものは残されていなかった。ここで『反省』することもなかったら本当に何も残らないのだが、川渕会長の抜群のタイミングの失言(半分狙い?)でオシムに関心が移ってしまったために『反省』がクローズアップされなかったのは非常に残念。

ジーコ監督を始め、選手の中でも今回のW杯の結果について『責任』の言葉を明確に出した者はごく僅かだった。責任を取れ、とは言わんが明らかに『覚悟』とか『本気度』が他の出場国に比べて低い。これでは決勝トーナメント云々の話は出来ない。

スカパーでのブラジル戦を前半途中まで見返しているところだが、やはり倉敷さんの実況は素晴らしい。サッカーを観ることの面白さを教えてくれる。

代表監督はオシム。そして8年後は反町という青写真が見えた。ジーコ時代は観てない代表試合が多かったが、これからはチェックしたくなる試合が多くなる。
posted by ton-goo at 01:46| Comment(7) | TrackBack(0) | サッカー(アビスパ以外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする