2007年05月28日

GO'N STUDIOへ − ピックアップ高調整

親不孝通りにスタジオがあるのを最近知ったので、今回初めて利用の「GO'N STUDIO」。
バスで楽に行けるし、どんなものか行ってみることにしたのだが。。。
やってくれたなー、バイト君。「(店長に)怒られる〜」と恐々としてた。店長からもお詫びのメールを頂いたし、バイト君とお店の名誉のために詳細は伏せておくが、これから気を付けてね、バイト君! ま、俺はまた行くんだけどね、近くだし。

ここんとこ休日は仕事、もしくは家族と過ごすのが優先だったので、スタジオに入るのも今年2回目。例のごとくギターと手持ちのアンプをぶら下げて行く。

で、Newギターのピックアップ高調整をやってきた。
どうもピックアップ高が高くて、ソフトにピッキングした時のニュアンスが思い通りに出ないからだ。

とりあえず最初に思いっきり下げてみる。最初(工房)のセッティングが高過ぎたというとこか。
生音でそうなのだが、2、3弦辺りがグッと前に出る感じなので、高音弦側を更に下げ気味に。

ピックアップ高の調整ごときで本質は変わらない。ニュアンスは変わるが。
やはり新品ということもあってか、出音は”若い”という印象。
いきなり鍵盤の話になるが、例えばジェイミー・カラム(こいつは歌もか)とか上原ひろみとか、ガツガツ押して行くタイプの曲はもちろん、ちょっと引いた感じの曲でも若さゆえカラリと快活に聞こえる(まあ両者ともそれでいいっちゃいいが。いや、ジェイミーはしっとり聴かせたい時もあるはずだが)。
ま、今の例えは演奏者の話だが、んで、このNewギターがどうもそんなっぽい感じなのだ。”枯れた”感じで行きたいのに、そうはならないというか。
「腕が悪いだけじゃん」とか言うなよ。'77Teleだとそこら辺は出せるつもりなので。
あー、もっと使い込んでいかんとね。あと何年かかるかね。

そのうち、何となくこのギターとCambridge15の相性が悪いような気がしてきた。
1月にTwinReverbを通して思ったのだが、”良い音”というのはギターを弾いててもっと弾いていたくなるような音なんじゃないかと。実際、その1月の時がそうだったし。

リアは割と追い込めたがフロントをいじってる途中で時間切れ。また次回。
posted by ton-goo at 23:58| Comment(2) | TrackBack(0) | ギター&その他楽器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月11日

Quick Oneで歌い踊る

俺の子供は今1才ちょっとで、まだ言葉をうまくしゃべれない。
「まーんま」とか「あー」だとかを発するだけだ。(※注1)

Whoの「Quick One」(英盤POLYDOR 589800-2)を部屋で鳴らす。(※注2)
教育したワケではないが、1曲目の「Run Run Run」のイントロで必ず子供が身体を楽しそうに揺らす。「Barbara Ann」に至っては、「ぱーぱーぱー」と声を発し、CDに合わせて一緒に歌っているつもりのようだ。

Zeppelinをかけた時も子供にウケが良い。教え込んだワケでも常日頃かけてるワケでもないのに。
やっぱ血だな、こりゃ。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
(※注1)「まんま」や「まま」は赤ちゃんが声にして発しやすいので、「ご飯」や「お母さん」といった赤ちゃんの生活に重要なものを指すように解釈されるんだろうな。
(※注2)ステレオリマスター盤。確か同一品番でも全曲ステレオでないCDがあるらしいので注意が必要。
posted by ton-goo at 04:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記・雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする