2008年03月09日

ROLLING STONES LET IT BLEED(最新&最古)

先日、平日に休みを取った。先月からずっと忙しかったので。

午前にTowerから荷物が届く。
いそいそと荷を解くと、取り出したCDを見てウチのやつが「あれ? それ持ってなかったっけ?」
「いや。これは別だから」と俺。(ちょっと焦り気味に)

”紙ジャケ大好き”みやちゃんさんから「Towerのサイトに在庫あった」と聞いて、結局買ってしまったSHM-CD の Let It Bleed。
去年に予告した通り、ベガバン、フーズ・ネクスト、ライヴ・アット・リーズの3点は予約して買ってたのだが、通常CDより音質向上してるのが確認出来た(※注1)ので、少々価格設定は高いと思いつつ後追いでLet It Bleedも買ってしまった次第。

Let It Bleed、実はそこまで気に入ったアルバムじゃなかった。
1年以上前に、みやちゃんさんからNetwork Walkmanを頂いたんだが、その中にATRAC3plusの形式でストーンズのアルバムが幾つも入れられたままになってて、その中にLet It Bleedもあった。
去年の秋ぐらいだったか、そのNetwork Walkmanで仕事帰りに耳にした『Gimme Shelter』が、今までに無いくらい切迫感を持って聞こえた。20年も前から聴いてる曲なのに。
その時から、以前とは違うLet It Bleedになったと思えるくらい、濃密で切迫感を伴う何かを非常に感じるようになった。

さて、同じ日の午後、海外から別の荷物が届く。
こっちはLet It Bleedの米盤オリジ。
ジャケや盤を確認している俺の膝の上で、ウチの子が「おっきいねぇー」としきりに言ってる。最近レコを見せてなかったからかな。
一応、ウチのやつにも説明。
「こっちが一番最近に出たCDで、こっちが一番最初に出たレコードで、、、」

と言うことで、まさか同じ日に届くとは思ってなかった最新(08/01/23発売)&最古(69/11/28発売)のLet It Bleed。簡単に紹介を。



左下がSHM-CD(UNIVERSAL UICY-90747)。
米盤オリジ(米盤LONDON NPS-4)の方はポスター等は欠品してるが、インナーはオリジナルだ。相場はよく知らないが、20ドルだったので格安だと思う。
マトの枝番は両面とも2。加えてRUN-OFF部に刻まれた日付等(※注2)より、この盤はほぼ1stプレスでなかろうかと思う。盤質もこの値段なら全く文句はない。



どっちかというとシュリンク剥がす派なのだが、こんなステッカー付いてると剥がせない。(※注3)



俺ん家のLet It Bleed、全員集合。
下段中央がSACDハイブリッド盤(02年発売。EU盤ABKCO 8823032)。その右が89年発売の一番最初に買ったCD(POLYDOR P25L-25045)。
左のレコが07年発売の限定重量盤(UNIVERSAL UIJY-9023)。
あと英モノ盤があったら言うことなしだが、気安く買える値でない。

で、レコ1枚だと同じくらいの額の送料払うの癪なので、他にも何枚か買った。



左から、『John Coltrane / The Coltrane Legacy』(米盤ATLANTIC SD1553。オリジか?)。
『Jimi Hendrix / In The West』(米盤REPRISE MS2049。恐らくオリジ)。
『Miles Davis / My Old Flame』(米盤UPFRONT UPF-171。委細不明の盤だ)。
上記3枚で計12ドルほど。
安かったので、普段買わないジャズ物なんか買ってみた。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
(※注1)俺はSACD対応のプレーヤーは持ってないが、SACDも聴けるみやちゃんさん報告によると、「通常CDとSHM-CDは確かに違う。でも、SACDとSHM-CDは大して変わらない」とのこと。
(※注2)A面:11-11-69。B面:11-11-69と11-12-69。そして、A面のみ不明の『AL』刻印、B面のみ『AUDIO』刻印。
(※注3)まだオリジナル盤に頓着していなかった頃、Zepの『Physical Graffiti』米盤(恐らく初版)の未開封を購入した。シュリンクがうまく剥がせず青ステッカーが破れ、なので青ステッカーも捨ててしまったのだが、今思うと非常に惜しいことをした。

2008年03月03日

こんにちは!ったらラッタンタン&一緒に届いた物

2月に2週間ほど実家に帰省していたウチのやつと子供が先週帰ってきた。

実家ではwhoのCDなぞ御法度。UAならまだしも。
で、ウチの子は実家にあったチータの『365歩のマーチ』がいたく気に入ったようで、自らプレイボタンを押し「ワン!ツー!ワン!ツー!」と何回もCDに合わせ歌ってたようだ。

しかし、さすがは我が娘。2週間ぶりに聴くwhoの『I Can't Explain』にイントロから「タッ、タタッ、タッ、タタッ」って歌ってるし、『Won't Get Fooled Again』でも「イヤーッ」ってロジャーと一緒に叫ぶのを忘れない。

そんなウチの子に届いた、NHK教育で放送中の『いないいないばぁっ!』の歌のCD。『こんにちは!ったらラッタンタン』。
うたのお姉さんが現在のことちゃんになって初めて発売された歌のCDだ。
写真の左下がそのCD。左上は初回特典のシールだ。

んで、届いて初めて気付いたが、一撃必殺曲の『ぐるぐるどっか〜ん!』がCDに入っていない。
前代のふうかの時のやつには収録されていたようだが。。。

080303_01_etc.jpg
(右下に子供の足が写りこんでいる。CD踏まれるかと思った)

『いないいないばぁっ!』は本当に良い番組だと思う。
この番組のおかげでウチの子は着替えがうまく出来るようになったと思ってるし、ご飯を食べない時に「ぱっくんもーぐもぐ」と歌うと素直に食べてくれる。
基本的にテレビは子供に見せていないが、この番組だけはビデオに録ってまで見せている。と言うか、見せろとせがまれる。(笑)

その他、上記CDと一緒に届いたのが、写真右上の『レコスケくん Complete Edition』。通常版も持ってるが、ついつい買ってしまった。

それと、ようやく購入した『Damned Damned Damned』の30周年企画盤。
まだDISC1と2までしか聴いてないが、やはり良い。
仕事場で昼休みに聴いてると、机の上を引っくり返したい衝動に駆られる。