2009年09月21日

Guyatone:Super FLIP GA-50F を購入

この前の土曜だけちょっと仕事して、後は4連休。
当面の体力の問題もあって、この連休は遠出をしない。
今日は朝から曇り。昼過ぎからポツポツ雨。
家族3人で近くのリサイクル店へ。

楽器のコーナーを見てると、気になるアンプを発見。
なぜかベースアンプとして陳列されていたが。。。



これ、ギターアンプだろ?

上の写真は、俺のノートPCに乗っけて撮影。
かなり小さい。縦横とも30cmもない。
ちなみに、左右の奥に見えるのは、Technicsのフルレンジ・スピーカー。

この小ささで2ボリューム3トーン。
しかもインプットも2つ。



背面の右上に見えるのは真空管。
俺のVOX Cambridge15同様、多分プリに使ってるんだろう。
ただ、Cambridge15は背面は完全に閉じて真空管が見えないが、このグヤだと楽に交換可能だ。



おいおい、made in 〜 ってないのかよ?と店で見た時はツッこんだが、調べてみるとどうやら80年代中頃のアンプらしく、単純に国産なので製造国をことわる必要が無かったのではなかろうか?

安レコード2枚分の値段だったので気軽に買える。
ということで、お持ち帰り。

家に帰って音出し。

悪くない。
弦にヒットする感じが、さすが真空管。このニュアンスは気持ち良い。
ゲインを10にすると激歪む。2〜4のクランチで演りたい気分だ。
俺のピグノーズに似て、中域にとてもクセがある。小型アンプの宿命なのか。
ただ、3トーンを駆使すれば結構追い込める感じ。と言いつつ、もうちょっとミドルが劇的に利くとイイんだが。
取りあえず、家で弾くのにバッチリ。

子供が弾き始めは「やめないでねっ」と言ってたが、途中から「こわいからやめてえ」と。
多分アンプからの音を聞くのは初めてだもんな。大きな音にちょっとビックリしたのかも。

んで、ネットで調べてみると、意外に人気のある機種だったんだな。

メーカーサイトには残されていないので、個人の方のサイトより仕様を拝借した。以下の通り。

■出力:最大10W/平均5W ■スピーカー:13cm広帯域型×1 ■コントロール:ゲイン、レベル、バス、ミドル、トレブル ■接続端子:インプット(ハイ、ロー)、ヘッドフォン ■消費電力:18W ■使用真空管:12AX7A×1 ■寸法:265(W)×270(H)×145(D)mm ■重量:4kg



真空管がオリジナルかどうか定かでないが、Nationalが入ってた。



赤い灯が、ガンバッてます!という感じで心くすぐられる。



置き場所を思案したが、写真1枚目のTechnicsのフルレンジの間に置いてみた。
posted by ton-goo at 23:58| Comment(6) | TrackBack(0) | ギター&その他楽器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする