2008年09月29日

ハイコンチューニングをやってみた

10,000アクセスを突破したので皆さんありがとうの記事。
でも一般的な話題じゃないな。いつものことながら。
検索でこのブログに訪れる方、過去記事についてコメント下されば出来る範囲でお答えしますので、どうぞご遠慮なく。

使用プレーヤーはSL-1200MK4。
FR-54と自作アーム台の具合が引越してからどうもうまくない。
盤によってサ行がキツかったり高音が濁ったり、かと思えば鳴りがおとなしくなった盤もありで。。。
旧型M44GはSL-1200MK4の付属アームで使用したことがなかったので、付属アームで試してみる。
尚、リファレンス盤はBeatlesのWhiteAlbum(TOJP-7080〜81)、主にSIDE1での印象。

サ行のキツさ/高音の濁りはほぼ無くなった。
しかしクセのある中高音、グッと伸びない低音。聴いてて面白みがちょっと無いというか。。。

と言うことで、前々からやりたかった付属アームのハイコンチューニングをやってみた。俺のSL-1200MK4の付属アームは、FR-54と比較するとコンプライアンスに歴然の差があったので。
2chとかでハイコンチューニングのやり方については簡単に書かれてるので、今回は実際に俺がやってみての幾つかを以下に。

1.水平軸のピボット軸を緩めるのは、アームの外側のみ。アームの内側に同様のネジが見えるが、ダミーではないだろうか。

2.緩める軸の外側/内側のネジについて、外側のネジはペンチで回すことも可能。しかし慎重に。

3.俺の場合はピボット軸を緩めてみたものの、1cm角の新聞紙の反応は変わらないように見えた。やはり軸を研磨する必要が本当はあるのかも。とりあえず7時-1時を6時-0時にし、ほんの少しガタがあるのを確認。

4.ハイコンチューニングを施した後の印象だが、まず中高音のクセが幾分すっきりし、低音も若干伸びるような気が。とりあえず、聴いた感じは好印象。響きが無くなってベタッとするような感じも薄れた。笑ったのが、サ行のキツさ/高音の濁りがホンのちょっと増えた。
まあ、よくあるプラシーボかも知れんので、当面このセッティングを継続。

以上のことを踏まえてハイコンチューニングを試される方は、あくまで自己責任で。
posted by ton-goo at 01:24| Comment(0) | TrackBack(0) | レコード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/107293897

この記事へのトラックバック