2009年03月02日

mono盤目当てでレコ屋へ

土曜は午前中のみ出勤。

一旦帰宅。
ウチのやつと子供は実家に一週間ほど帰るので、ウチのやつが荷物をまとめている。
迎えに来たお父さんの車に乗せられたウチのやつと子供を見送ると、俺も家を出る。

幾つかの用事を済ませ、島村楽器へ。amPlugが急に欲しくなって現物を見る。見るだけにする。
Ernie Ballからコーティング弦が出てた。んで、現行のラインアップが密封されたパッケージに変更されてる。以前の再利用可能なパッケージが好きなのだが。。。

親不孝のJukeへ。1年以上は来てなかったな。
最近、家ではレコードはほとんどmono盤しか聴いてない。GEバリレラが届いてからというもの、もう1回mono盤を聴き直してる。
で、JukeでBeatlesのmono盤で何かいいのないかと物色するも、ピンと来るの無し。
Anthology3の廉価版CDが中古で安かったのでget。Anthologyは1と2しか持ってなかったが、去年のWhite Album(※注1)熱で手に入れたかった。
このテは普通はしょっちゅう聴くものではないからか、開封したまんまみたいに新品同様。
基本的にデモ音源を聴くのは好きだ。作り込まれていない剥き出しの感触に惹かれるんだろう。
White Album収録曲もそうだが、その他のアルバム収録曲も違った表情で聴けて面白かった。

今日も今日で、午後からちょっとした用事を済ませ、赤坂の田口商店へ。しかし早々に店を出て、Groovin'へ。
Groovin'ではNeil YoungのUS盤を2枚検盤するも見送り。ステ盤を買いに来たワケじゃないからなー。

歩いてボーダーへ。メンバーズカードを見ると前回購入したのは3年以上前だ。
今日はここで最後かと思うと、自然と棚から抜くレコードの枚数が多くなる。
検盤して、中古のステ盤数枚を見送り。購入したのはBeatlesのMagical Mystery Tourの5年前のステ日盤と、ヴェルヴェッツの1stのmono盤。2枚ともここ数年の再発盤で新品。
Magical〜は良くも悪くもCDのような音。マスターの音をそのまま再現しようとすると、こうなるのかも知れない。って、もしや手塚さんの仕事か? Magical〜は今まで持ってなくてAnthologyやブートでよく聴いていたから、本来の収録曲に違和感が。イカンな。
ヴェルヴェッツはGEバリレラと相まってゴツゴツした感触だ。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
(※注1)去年はWhite Albumが発表されて40周年だったらしい。雑誌でも幾つか特集やってた。まあ、それとは関係なく去年から急にWhite Albumがグッと来たわけだが。ちなみにWhite Albumのレコード自体は10年前位に買ってた。
posted by ton-goo at 01:22| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記・雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
White Albumは脳内再生できる位大好きです。
今、手元にあるのは発売何周年のか忘れたけど、紙ジャケのものです。
レコードは行方不明w

ヴェルベッツのファーストは断然モノ盤がいいですよね!
Posted by 五月猫 at 2009年03月02日 19:32
>五月猫さん

こんばんは!

比較的有名な曲(〜USSR、オブラディ、ハッピーバースデイ)とかより、グラスオニオン、ウォームガン、マーサマイディア、アイウィル等々、そんな曲に惹かれます。
White Album、Fab4の中じゃ今一番好きなアルバムです。
Fab4は全然CD持ってないんで、紙ジャケの存在も知らなかったです。

ヴェルヴェッツの方は音がゴツンと出てスピーカーの正面で聴くとイイ感じですねー。
Posted by ton-goo at 2009年03月03日 05:23
久しぶりに「空を見上げて」オリジナルデモ(ton-gooMIX)を聴いたら何だかとてもヴェルヴェッツみたいだったよ。そこに見えた景色は最高に切なかったです。タイムリーだったのでコメントしときます。
Posted by ケイヴ at 2009年03月05日 19:33
>ケイヴ

オス!

確定版のK-ENDプロデュースもモチロン良かったのだが、俺も手前味噌ながら自分のこん時のデモはすごく好きだな。
同時期にデモ作成した「家に帰ろう」も。
荒削りだけどな。

なんかこん時だけ魔法がかかったみたいだな。(笑)

オーバーダブ前の元曲自体も、あれだけでも俺はOKだったりするんだが、ま、その元にあった曲から触発されたんだよ。
じゃなきゃ何も生まれなかった。
Posted by ton-goo at 2009年03月06日 02:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/115010432

この記事へのトラックバック