2010年04月30日

劇団空転象『ファクトリィ工場』 at ぽんプラザホール − 3/27〜3/28 そして、Music Revolution at Drum Logos − 3/28

空転象の芝居は実は苦手だった。
正直分かりにくかった。

コタブさんの追悼公演ということで『ファクトリィ工場』の再演。
3/27の夜に観に行く。

懐かしい顔ぶれが幾つか。お久し振りです。

芝居については、まず第一に、分かりやすくなったな、という印象。
空転象のブログにも書いてあるが、整理した方が良い箇所を整理して観やすくしたということだろうか。
初演は確か2回観たが、何かもうちょっと流れ的にぎこちなかったというか、そんな覚えがある。

「まわせ! まわせ!」は今回は身に染みた。
多分今の俺が、うまくまわっていないんだろう。

エンディングがHeatwaveの「歌を紡ぐとき」。

終わった後に、月光下でも一緒に演ったM上と昔の話とか。
こいつとは芝居観に行った時くらいしか会わないので、別れ際には「じゃまたどっかの小屋で」みたいになる。

次の日に来る予定のくまとU山さん(ふたりとも酔っ払い)に電話。


さて、次の日の3/28、昼にまたぽんプラザへ。

今日もまた懐かしい顔ぶれ。お久し振りです。
遠くの奴は香港から? 10年以上ぶりだ。
でも限られた時間の中であまり話しが出来なかった人もいる。言葉を交わしてない人すらいる。
俺と芝居だけでつながってた人達の中には、今後そうそう顔を合わせることもない人もいると思うとさみしい。

ぽんプラザを後にし、次の場所へ。

まりちゃんのダンナT山くんのバンドがヤマハのMusic Revolutionに出場するんで、バスでDrum Logosへ。

出番にギリギリ間に合う。
T山くんのバンドはボーカルの方(※注1)の力量ある歌を演奏がしっかりバックアップする安定した内容で、何らか賞もらってもおかしくないくらいと思ってたが、今回は残念な結果だった。

で、まりちゃんはこれ出たりとかせんの?という話しにもなったが、本人曰く「伝えたい音はあっても、伝えたい”うた”はないからねー」(※注2)とのこと。


以上、1ヶ月前のことだが、この2日間で感じたこと考えさせられたことが多かったんで、書き残してみた。
写真は特に関係ないが。。。

100430_01_Who.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
(※注1)そのボーカルの方に「熊大のイベントで一緒に出たことあります。20年くらい前に」と言ったら、そんな昔かい、てな感じで苦笑いされてた。
(※注2)大会のキャッチコピーは「今、伝えたい詞(うた)がある!!」。応募曲は歌詞付きでないといけないのだ。
posted by ton-goo at 00:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記・雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あ、そのボーカルの方って、「そんな昔w」に僕が一緒にやってた方ですね(笑)
Posted by 五月猫 at 2010年04月30日 04:28
>五月猫さん

こんばんは!

はい。そうです。(笑)
コンテストだから少数の審査員が決めることなんで難しいとこあるみたいです。
あと、コンテストならではの作法みたいなのや。
5分の持ち時間で1曲演りきる、って普通にライヴするのとまた違う感覚だろうから、そういった意味じゃホントすごいと思います。
Posted by ton-goo at 2010年05月01日 00:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック