2006年06月13日

オーストラリアvs日本:3―1 (6/12 カイザースラウテルン)

もし、この試合が0−1や0−2で日本が勝ったとしても、こう書いたと思う。
ラストパスやシュートの精度が低い。
シュートを打つチャレンジをしないことには得点に結びつかない、と。

前半はオーストラリアの攻勢に押されていたがラッキーな先制点で流れが日本に。
後半に入ると安定した守備でオーストラリアにチャンスを与えず、スキを見て速い攻撃を仕掛ける。ただ、良い形で攻撃を終わらせることが出来ない。
良い流れの時に追加点が取れなかったのは非常に痛かった。特にシュートを打たずにパスを選択する消極的な姿勢は評価出来ない。得点が欲しければシュートを打たないことには始まらない。
シュート本数はオーストラリア21本に対し日本は11本。
posted by ton-goo at 02:23| Comment(6) | TrackBack(1) | サッカー(アビスパ以外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
何だか、ジーコがO監督にヒディングがBビーに見えて仕方なかったよ。
選手のタレントではホークス・タイガースが上(今回はクイックネス・テクニックではね)だったけど、采配(戦略・戦術・選手起用)を含めたトータルな戦力で勝敗が決したというとこが去年のPO・日本シリーズといっしょ。
日刊スポーツにセルジオさんが「監督の差」と書いたのは、昨年の日本シリーズで森(元ライオンズ監督)さんの「準備の差」のを思い出したし・・・
Posted by 椣平夢若 at 2006年06月13日 19:09
>椣平さん
>采配(戦略・戦術・選手起用)を含めたトータルな戦力で勝敗が決したというとこが去年のPO・日本シリーズといっしょ。

確かにねー。
オーストラリアの戦術は選手に浸透してたと思う。途中うまくいかなくても、これしかやれんけん、しつこくやってたら思わず点が取れた。
対して日本はと言うと、追加点を狙うか守りきるかで選手間でも食い違いがあったし、監督もはっきり決断しきれていなかったんじゃないかと思う。
守りを固めてカウンターで追加点を狙うのが正解だろうけど、小野の投入&中田の上がり(?)は中途半端な選択だったと思う。あれで守備陣形が整わなくなってっていうのが。。。ポジションは入れ替えずに、動けなくなってた中村をもっと速い時間に交代させるとか、大黒をもっと早めに投入するとか。結果論なんだけど。
Posted by ton-goo at 2006年06月14日 01:45
>結果論
いやいや、予選を通じて(もっといえば就任時から)ジーコの采配、特に選手交代には批判が渦巻いていたわけで、結果論というより当然の帰結ということだと思う。
で、結局この国も2大メジャー球技の代表監督は資質・実績・適性よりも、ぬるーい国民の総意(主にTVで作られた)で決められてるのが問題なんよ。
確かにジーコも長嶋茂雄も王貞治も「選手」としての実績・人気は申し分ないんだけど監督としては大いに疑問で適任者はいくらでもいるわけで。
で、仮に様々なしがらみでそういう人を監督にしなければいけないなら、ベンチにちゃんと実質監督を置けばいいのだけれど、それもしない協会の愚。
そんな「象徴監督制」の悲劇が今回のW杯、喜劇が先のWBCてことでは。
Posted by 椣平夢若 at 2006年06月14日 14:05
ジーコは人脈とか考えるとアドバイザー的役割で今後も付き合ってもらうというのがBestかなと。

>「象徴監督制」の悲劇が今回のW杯、

支払った代償は大きいかも? 果たして次もW杯行けるのか?

ロシアと契約が終わったらヒディンクを日本に呼ぶか(笑)?


Posted by ton-goo at 2006年06月15日 01:07
コニチワ〜。

本当にゴールの決定力の無さが大きいですよね。追加点入れなくちゃ。
それと失点が2点っていうのは大きいですよね。。。
せめて1点にしておかないと。。

私はアイルランドが大好きなこともあって去年からチラっと欧州の予選を見てきましたが、今回出場の欧州のチームはどこも本当に手ごわいです。。。

日本にはもう少しゴールに対する貪欲さが欲しいです。
他の国は繰り返し繰り返しゴールに向かって行くんですが、日本にはあんまり感じられなくって。。。
もうちょっと頑張って欲しいんですけどねー。。。
Posted by riri-inu at 2006年06月15日 16:52
>riri-inuさん

こんばんは!

>日本にはもう少しゴールに対する貪欲さが欲しいです。

ゴールへの執念が感じられなかったですよね。あれじゃ本当に得点したいのかよく分かりません(苦笑)。

>私はアイルランドが大好きなこともあって

4年前を思い出します。
ああいうガンバルチームはついつい応援したくなりますねー。
Posted by ton-goo at 2006年06月16日 01:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19197639

この記事へのトラックバック

6.12コラム  日本サポーターの長い一日
Excerpt: ■オーストラリアサポーターの愛国精神のすごさ!  雲ひとつない晴天に恵まれた。今日、日本はドイツ大会の初戦となるオーストラリア戦を迎える。試合会場のある街は、カイザースラウテルン。私が宿泊してい..
Weblog: ワールドカップブログ
Tracked: 2006-06-14 01:24