2014年11月04日

Live At Leedsの一大事!

事前のアナウンスは一切なし。海外でもニュース等出てなかった、これ。

↓↓↓

Live At Leeds [Deluxe Edition] 96kHz/24bit
http://www.e-onkyo.com/music/album/uml00602537945726/

「2014 HD Version」とあるので、今回のハイレゾ向けにリマスタリングしてある可能性あり。

Live At Leeds [Deluxe Edition] は、これまでのThe WhoのDEの中で唯一44.1kHz/16bitのCDフォーマット以外の音源が無かった。
(他のDEは、SACD/vinyl等有り)

2年前にSACDの予定があったが、「オリジナルマスターテープからの〜」という事前のアナウンスから、これは無理だろうと思っていた(※注1)。で、このSACDは案の定発売中止になったのだが。。。

いつかアナログででも出てくれれば良いと思っていたのだが。。。
e-onkyoのトップページのNewReleasesに何気に入ってて、なにかレコ屋をぶらぶらしてて思いがけなく「こんなの出てたのか!」とレコを手に取るのと同じ気分。

同発で、四重人格のSDEと、The Who By Numbers。これらももちろん96kHz/24bit。

。。。

夏前からフィジカルで買っていない。
HDtracksやe-onkyoのハイレゾばかりだ。

10月はJohn Lennonから選りすぐって。
んでjazzをちょっとだけ。
PaulとLindaのRamもこれを機会に聴いてみた(ら、スゴい良かった)。
Zepが先週に4thと5thが出て、今週はPaulが2つ。

【追記 14/11/05】
CD2枚組だと分断されてたライヴの曲順だが(1枚目:ライヴ序盤と終盤。2枚目:ライヴ中盤のTommyパート)、今回のハイレゾ音源でめでたく本来のライヴと同じ流れの曲順となった。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
(※注1)編集で有名なのは、Shakin' All Over中のSpoonfulを権利関係でカット(ただ、これはマスター2chの時点で切ってあるか)。その他もDEではピートのミスの編集やロジャーの下品な笑い声を消してあったり、DE向けに細かい編集をしてある。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/408281727

この記事へのトラックバック