2007年05月28日

GO'N STUDIOへ − ピックアップ高調整

親不孝通りにスタジオがあるのを最近知ったので、今回初めて利用の「GO'N STUDIO」。
バスで楽に行けるし、どんなものか行ってみることにしたのだが。。。
やってくれたなー、バイト君。「(店長に)怒られる〜」と恐々としてた。店長からもお詫びのメールを頂いたし、バイト君とお店の名誉のために詳細は伏せておくが、これから気を付けてね、バイト君! ま、俺はまた行くんだけどね、近くだし。

ここんとこ休日は仕事、もしくは家族と過ごすのが優先だったので、スタジオに入るのも今年2回目。例のごとくギターと手持ちのアンプをぶら下げて行く。

で、Newギターのピックアップ高調整をやってきた。
どうもピックアップ高が高くて、ソフトにピッキングした時のニュアンスが思い通りに出ないからだ。

とりあえず最初に思いっきり下げてみる。最初(工房)のセッティングが高過ぎたというとこか。
生音でそうなのだが、2、3弦辺りがグッと前に出る感じなので、高音弦側を更に下げ気味に。

ピックアップ高の調整ごときで本質は変わらない。ニュアンスは変わるが。
やはり新品ということもあってか、出音は”若い”という印象。
いきなり鍵盤の話になるが、例えばジェイミー・カラム(こいつは歌もか)とか上原ひろみとか、ガツガツ押して行くタイプの曲はもちろん、ちょっと引いた感じの曲でも若さゆえカラリと快活に聞こえる(まあ両者ともそれでいいっちゃいいが。いや、ジェイミーはしっとり聴かせたい時もあるはずだが)。
ま、今の例えは演奏者の話だが、んで、このNewギターがどうもそんなっぽい感じなのだ。”枯れた”感じで行きたいのに、そうはならないというか。
「腕が悪いだけじゃん」とか言うなよ。'77Teleだとそこら辺は出せるつもりなので。
あー、もっと使い込んでいかんとね。あと何年かかるかね。

そのうち、何となくこのギターとCambridge15の相性が悪いような気がしてきた。
1月にTwinReverbを通して思ったのだが、”良い音”というのはギターを弾いててもっと弾いていたくなるような音なんじゃないかと。実際、その1月の時がそうだったし。

リアは割と追い込めたがフロントをいじってる途中で時間切れ。また次回。
posted by ton-goo at 23:58| Comment(2) | TrackBack(0) | ギター&その他楽器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コンニチワ。

ton-gooさんのブログからジェイミーの名前が
出てくるとは思いませんでした。アハハハ。

ワタシは楽器ができないクチですので、
(昔ピアノ習ってたんですけど楽譜が読めず、
ほとんど耳で聞いて済ませてました。。。)
そんな風に楽器を使えるのがうらやましいです。
Posted by riri-inu at 2007年05月31日 12:15
>riri-inuさん

こんばんはー。

>ton-gooさんのブログからジェイミーの名前が
>出てくるとは思いませんでした。アハハハ。

ウーム、自分でもそう思います。(笑)
例に挙げた2者は僕の守備範囲から外れている人達なんですが、スカパーとかで映像流れてると思わず観ちゃいますねー。

ジェイミー・カラムは◎FSで知ったのと、あと気になるカバー(ジミ、ジェフ・バックリー、レディオヘッドです)演ってるので。本家に及ばないのはご愛嬌でしょうか。(笑)

>楽譜が読めず、ほとんど耳で聞いて済ませてました

あ、僕も読めないです。
ギター弾いてる奴は結構そんなモンですね。
Posted by ton-goo at 2007年06月01日 02:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/43306144

この記事へのトラックバック