2016年12月31日

近況

今年は春から骨折だとか病気でおまけに入院だとか、いろいろヒットしまくって、ただ今、食事制限中。
断酒5ヶ月目。
仕事もセーブし、生活も朝型になった。

10月からは少しずつ取り戻すため、進めるため、家のことで身体を動かす。

オーディオラックが届き、レコードが聴ける状態になった。
PC机が出来て、物置だった部屋をちょっとずつ片付けて。。。

プレーヤーはSL-1200mk4。
アームはFR-54。
カートリッジはDL-55とカモメM44-G。

oppo BDP-95でUSBメモリのファイルを聴いていると、子供からよく「お父さんうるさい」と言われるが、レコードの時にはほぼ言われない。

演奏中にターンテーブル止めたり、手でターンテーブル回したり。
たまに手で回すのやらせると「おもしろーい」と喜ぶ。

現状で比較すると、PCMファイル(ハイレゾやリッピング)はどっちかと言うとスピーカーに音が張り付く。レコードの方が音がスピーカーの周囲に膨らむ感じ。
音楽にノレるのもレコードの方。

子供は先入観もないので、自分にとっては何が良いか感覚で捉えているんだろう。

さて、LIVE AT LEEDSのレコードがようやく到着。
待望のDE版レコード。3LP。
その他、久しぶりにレコードまとめ買い。
同梱は R.L.Burnsideの初録音と、MilkshakesのAfter school session。

ひとまずLIVE AT LEEDSを片面ずつチビリチビリ聴く。

JDさんのブログで紹介されていた通り、ハイレゾ版で生じたYoung Man Bluesでのソロ部の欠落はレコードになっても解消されていなかった。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック