2018年12月01日

録音機材のチェック

VF80EXの最低限の動作確認はこの前に済んだので、それ以外の機材のチェック。

マイクは、前回はBETA57Aのみ試したが、今回はPC-VT2000を合わせて確認。

結論は、ARTのマイクプリにノイズが発生。
BEHRINGERの方はBETA57Aと相性悪い。

VF80EXの方でINPUTのA/Bを入れ替えても結果は同じ。

つまり、PC-VT2000とBEHRINGERマイクプリの組み合わせのみOKだった。

詳細は以下の通り。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
PC-VT2000          BETA57A

ARTマイクプリ
→サーノイズあり。     →PC-VT2000より更にノイズあり。

BEHRINGERマイクプリ
→問題なし。        →サーノイズあり。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

10年近く通電してない機材とかなので、これだけ動作してくれるだけでもありがたい。

新機材のミキサー、MG06も動作確認。

一通りOKだったが、VF80EXとの組み合わせで確認している途中、あるレベルを超えると発振音が。。。
MG06の不良か?と疑ったが、何と信号がループしてた。。。

マジ気を付けよう。。。


posted by ton-goo at 23:26| Comment(0) | 音楽(ton-goo's work) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。