2005年08月07日

デモ録音 at home。今回は収穫あり

前回から結構間が空いたが、今日は結果を残すべくリトライ。半日で何とか形になる。
荒いコードカッティングを実現するために、VOXのTonelabの前段にBossのBluesDriverをカマす。
計3パート分録ったが、全てオープンGもしくは5弦のみGで。
ひとまず2、3日置いといてまた聴いてみよう。

「世界の終わりに」
1.コードカッティング :元々の俺的OKテイクと大した変化はないが、手数を増やしてラフにやってみた。前回よりもしっくりくる。Aメロの部分を抜くかどうかはリーダーと相談して決めよう。
ひとまず2テイク残した。
2.ソロ :PUセレクターはセンターで。Tonelab内蔵のTubeODで味付け。元々の俺的OKテイクとフレーズはほぼ一緒、ちょっと荒くしてみた。
3.アルペジオ :フロントPUで。張りのある良い音で気持ち良く弾けた。ソロ後の遊びの部分で失敗してるがその他は問題ないので1テイク目でOKにする。

俺ン家には録音システムを常設出来るスペースがないので、いつも仕込み&バラシが付きまとう。たかが宅録の機材なのだが、いちいち仕込むのはホントに面倒。宝くじ当たったら、自宅に専用スタジオが欲しい。ギターもガンガン音出したい。じゃないと銀パネTwinReverbが腐るぞ。
あ、あとレコを大音量で聴ける部屋。。。
posted by ton-goo at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽(ton-goo's work) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/5701667

この記事へのトラックバック