2005年11月21日

11/12 スタジオリハのダビング

今までスタジオリハで録った音源は、MD→テープ→MDという作業でMDにダビングしていた。録音機材がこんなのしか家にないのでこういう手法しかなかった。
テープ片面に収まらないから録音・再生時にテープをひっくり返す手間が、とりあえず面倒。
しかし良い点もあって、一旦テープに落とすことで音質はもちろん劣化はするわけだが、MD直で聴くと味気なかった音にウマ味が足されてよろしくなる。なので気に入ってた手法であった。(*注1)

しかし、今は俺ん家にはFostex VF80EXがある!
なので、MD→VF80EX→MDとやってみようと思う。
このVF80EXは安いのだが、ガッツのある音で録音出来ると一部で評判のデジタルMTRなので、味付けには持って来いだ。ただ、ハイ落ちするからそこら辺で好みは分かれる(VF80EXの話もいつかしたいなー)。

VF80EXを通した音は期待以上だった。ちょっとした魔法。
このままだとハイ落ちかつローも突出してるので、イコライジングしてやる。

L19:E.Pf
Hi Gain = +3dB
Lo Gain = +3dB

面白いもので、最終的にMDに落とすとVF80EXを通したウマ味が薄れる感じだ。最初は同じMDなのにね。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
(*注1)以前同じ理由で、CDをわざとテープにダビングして家で聴いてたりしてた。何か音に厚みとか迫力が加わる感じがするのだ。今はそこまで手間掛けてないが。
posted by ton-goo at 00:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽(ton-goo's work) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
結構、手間が掛かってるんですね〜。
本当、いつもスミマセン!
グルーバーズのライブ見たいですね〜、ああゆうかっちりしたタイコは叩けないんで、一回見てみたいんですよね〜。
几帳面そうな性格がでてますよね。
楽器は性格が表れるんで、僕も今の大雑把な部分が影響してるのかな〜と・・・
淳二にいつも言われている「ていねいに・・正確に・・」っていうのは分かってるんですけどね・・・
Posted by Makino Osamu at 2005年12月03日 09:59
> 結構、手間が掛かってるんですね〜。
> 本当、いつもスミマセン!

いやいや。スタジオの音聴くの好きだしね。

> ああゆうかっちりしたタイコは叩けないんで、
一回見てみたいんですよね〜。

そうね。Osamu君の持ち味とはまた違うけど、いろいろ参考になると思うよ。
Posted by ton-goo at 2005年12月03日 18:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック