2009年09月21日

Guyatone:Super FLIP GA-50F を購入

この前の土曜だけちょっと仕事して、後は4連休。
当面の体力の問題もあって、この連休は遠出をしない。
今日は朝から曇り。昼過ぎからポツポツ雨。
家族3人で近くのリサイクル店へ。

楽器のコーナーを見てると、気になるアンプを発見。
なぜかベースアンプとして陳列されていたが。。。



これ、ギターアンプだろ?

上の写真は、俺のノートPCに乗っけて撮影。
かなり小さい。縦横とも30cmもない。
ちなみに、左右の奥に見えるのは、Technicsのフルレンジ・スピーカー。

この小ささで2ボリューム3トーン。
しかもインプットも2つ。



背面の右上に見えるのは真空管。
俺のVOX Cambridge15同様、多分プリに使ってるんだろう。
ただ、Cambridge15は背面は完全に閉じて真空管が見えないが、このグヤだと楽に交換可能だ。



おいおい、made in 〜 ってないのかよ?と店で見た時はツッこんだが、調べてみるとどうやら80年代中頃のアンプらしく、単純に国産なので製造国をことわる必要が無かったのではなかろうか?

安レコード2枚分の値段だったので気軽に買える。
ということで、お持ち帰り。

家に帰って音出し。

悪くない。
弦にヒットする感じが、さすが真空管。このニュアンスは気持ち良い。
ゲインを10にすると激歪む。2〜4のクランチで演りたい気分だ。
俺のピグノーズに似て、中域にとてもクセがある。小型アンプの宿命なのか。
ただ、3トーンを駆使すれば結構追い込める感じ。と言いつつ、もうちょっとミドルが劇的に利くとイイんだが。
取りあえず、家で弾くのにバッチリ。

子供が弾き始めは「やめないでねっ」と言ってたが、途中から「こわいからやめてえ」と。
多分アンプからの音を聞くのは初めてだもんな。大きな音にちょっとビックリしたのかも。

んで、ネットで調べてみると、意外に人気のある機種だったんだな。

メーカーサイトには残されていないので、個人の方のサイトより仕様を拝借した。以下の通り。

■出力:最大10W/平均5W ■スピーカー:13cm広帯域型×1 ■コントロール:ゲイン、レベル、バス、ミドル、トレブル ■接続端子:インプット(ハイ、ロー)、ヘッドフォン ■消費電力:18W ■使用真空管:12AX7A×1 ■寸法:265(W)×270(H)×145(D)mm ■重量:4kg



真空管がオリジナルかどうか定かでないが、Nationalが入ってた。



赤い灯が、ガンバッてます!という感じで心くすぐられる。



置き場所を思案したが、写真1枚目のTechnicsのフルレンジの間に置いてみた。
posted by ton-goo at 23:58| Comment(6) | TrackBack(0) | ギター&その他楽器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月27日

ピックガード届く

昨日、Newギター向けにヤフオクで落札したピックガードが届いた。
べっ甲柄はFJ純正のパーツには無いため、安そうなのを見繕った。

しかしFJ純正ではないためか、そのままでは取付出来ない。ネックの辺りが狭くなっているのでピックガードを削ることにした。
で、削ってる途中で気付いたが、どうもネジ穴も2、3ヶ所ずれている。。。

それなりに苦労したが、取付後の見映えに満足。

070627_01_Tele.jpg
posted by ton-goo at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ギター&その他楽器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月19日

ウクレレ届く

昨日、ペプシの懸賞で当たったウクレレが届いた。
島村楽器で販売されているHUK-10。
実売5,000円位の代物。
教則本付き。

070619_01_Ukulele.jpg

音については、値段程度というところか。
音色自体は悪いことないが、各弦のバランスが今いちな気が。

子供の前で弾いてやると、喜ぶ喜ぶ。
ウクレレらしいゆったり目の感じで弾いてもガンガン子供は盛り上がっている。
posted by ton-goo at 23:58| Comment(0) | TrackBack(2) | ギター&その他楽器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月28日

GO'N STUDIOへ − ピックアップ高調整

親不孝通りにスタジオがあるのを最近知ったので、今回初めて利用の「GO'N STUDIO」。
バスで楽に行けるし、どんなものか行ってみることにしたのだが。。。
やってくれたなー、バイト君。「(店長に)怒られる〜」と恐々としてた。店長からもお詫びのメールを頂いたし、バイト君とお店の名誉のために詳細は伏せておくが、これから気を付けてね、バイト君! ま、俺はまた行くんだけどね、近くだし。

ここんとこ休日は仕事、もしくは家族と過ごすのが優先だったので、スタジオに入るのも今年2回目。例のごとくギターと手持ちのアンプをぶら下げて行く。

で、Newギターのピックアップ高調整をやってきた。
どうもピックアップ高が高くて、ソフトにピッキングした時のニュアンスが思い通りに出ないからだ。

とりあえず最初に思いっきり下げてみる。最初(工房)のセッティングが高過ぎたというとこか。
生音でそうなのだが、2、3弦辺りがグッと前に出る感じなので、高音弦側を更に下げ気味に。

ピックアップ高の調整ごときで本質は変わらない。ニュアンスは変わるが。
やはり新品ということもあってか、出音は”若い”という印象。
いきなり鍵盤の話になるが、例えばジェイミー・カラム(こいつは歌もか)とか上原ひろみとか、ガツガツ押して行くタイプの曲はもちろん、ちょっと引いた感じの曲でも若さゆえカラリと快活に聞こえる(まあ両者ともそれでいいっちゃいいが。いや、ジェイミーはしっとり聴かせたい時もあるはずだが)。
ま、今の例えは演奏者の話だが、んで、このNewギターがどうもそんなっぽい感じなのだ。”枯れた”感じで行きたいのに、そうはならないというか。
「腕が悪いだけじゃん」とか言うなよ。'77Teleだとそこら辺は出せるつもりなので。
あー、もっと使い込んでいかんとね。あと何年かかるかね。

そのうち、何となくこのギターとCambridge15の相性が悪いような気がしてきた。
1月にTwinReverbを通して思ったのだが、”良い音”というのはギターを弾いててもっと弾いていたくなるような音なんじゃないかと。実際、その1月の時がそうだったし。

リアは割と追い込めたがフロントをいじってる途中で時間切れ。また次回。
posted by ton-goo at 23:58| Comment(2) | TrackBack(0) | ギター&その他楽器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月21日

TwinReverbの音出し

6、7年間全く音を出してなかった銀パネTwinReverb(※注1)を1ヶ月ほど貸すことに。今日の夜に取りに来るのでチェックがてら久し振りに音出ししてみた。

保管している場所の環境が良くないので出音がどうなってるか心配だ。
スタンバイ・スイッチを入れ通電。パイロット・アンプが赤く灯る。
温めてる間、Newギターのチューニング。こいつだとどんな感じなんだろう。

頃合いを見てスイッチオン。
ボリュームを上げる。

良かった。音が出た。

俺の住んでる部屋は角部屋で、階下は事務所が入ってるが今日は休み。上の階は空き家だ。昼間だし、ちょっと音量を上げてみる。

リヴァーヴ、トレモロを試す。フットスイッチも同時に確認。問題なし。

10分ほど続けると、もっとアンプが温まってきたようで、音の張り出しが強くなったように感じる。
Newギターとの相性も良さそうだ。しかもBD-2の乗りも良い。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
(※注1)95年の初めにKEY楽器で購入。シリアルがA61〜なので、73年製と判断出来る。マスターボリューム付き。
バンドをやってた時はメンバーの車にアンプを積み込んでもらってた。俺が車を持ってないのと、その重量(30kg以上?)に負けて、1人でスタジオに入る時に持ち込んだことはない。
posted by ton-goo at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ギター&その他楽器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月09日

ギター馴らし at スタジオ吉野

去年購入したギターを携え、吉野さんとこへ。
工房から持ち帰る際ちょっとだけ大きな音で鳴らしただけで、後は家で小音量で試しただけだった。果たして懸案はクリアされるのか。。。

6弦の詰まりは相変わらず。このままでも弾けはするが、せっかくなので改善したい。

で、リア/フロントのパラ。。。やっぱ変わらずか。
何でフロントの方がセンターよりきらびやかに聞こえる? やっぱリヴァースの影響なのか??
とか何とか悩みながら、ピックアップセレクターをちょこちょこいじりつつアンプ(VOX Cambridge15)のトーンを調整すること30分。

いきなりセンターでブライトな音が。
通電して音が変わったのだろうか。予想してたような音が出てきた。
フロントも変にブライトな感じが後退して、これも予想してたような音に(オーヴァー・ワウンドだとこんな感じでブライトになるのかと思ってた)。
リアで特に顕著だったが、ゲインをもうちょい上げた方が良いようだ。しかし、これでもUSATeleに比べると抑え目。
とりあえず馴らしの第1段階をようやく越えたというところか。リヴァースのままで行けそうなメドが立ったのでホッとする。

Midがもう少し欲しい。MID RANGE BOOSTだと出過ぎるようだ。

BD-2だと歪みがJCでかけたような音になって、どうも相性が悪いような気がする。次はSD-1を試してみよう。あとMONGOOSE FUZZも。

センター/フロントで、TREBLE=5 BASS=10 の設定のまま、リアでギター側のトーンを絞るという選択も良し。CTSポットのおかげか。
posted by ton-goo at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ギター&その他楽器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月02日

デジカメ買ったので。。。

先週半ばからカゼでダウン。なのに金曜は徹夜勤務ということで、週末は身体の復調のために潰した。


で、実はこの前必要にかられてデジカメをとうとう買ってしまった。

ケータイも写真が撮れない機種だったので(ケータイについては後日)、ブログにも写真をUP出来ない状況だったが、

060402_01_Tele.jpg

ジャーン! どうだ!
俺のギターね。
Fender USA Telecaster '77。

ストーンズネタ的にはキースの使用するテレ(ミカウバーとか)に似てるっしょ?
パッと見は同じっぽいけどチョコチョコ違うので、気になる方はキースのと見比べて下さい。
製造年も四半世紀違うし、キースのとは似ても似つかぬ音だろうが。

ちょっと角度を変えて・・・。

060402_02_Tele.jpg

有無を言わせん感じがとてもヨロシイ。

で、ヘッド。

060402_03_Tele.jpg

俺はこのカチッとしたロゴの方が好き。
キースの方のもあれはあれで味があるのだが。
posted by ton-goo at 21:59| Comment(4) | TrackBack(0) | ギター&その他楽器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月20日

山口のスライド 〜Roostersトリビュート続編の続き

「Do The Boogie」の山口のスライド、見事なモンだ。

それなりにギター弾ける人でもスライドは別口で練習を積まないといけないので、押弦ギターは得意でもスライドは苦手って人、実は多いはず。
俺も10年以上前だったらそれなりにスライド弾けたが、最近はご無沙汰。

前述の山口のドブロでのスライドは、そりゃもうよく音が”鳴って”いる。
この”鳴って”いるってのがホント難しい。
でも”鳴らす”ことが出来ればスライドの魅力の半分以上を習得したことになると思う。

押弦時と同じレベルで”鳴らす”のって、俺には出来なかった。
posted by ton-goo at 01:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ギター&その他楽器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月11日

弦の張替

昨日は2本所有しているテレキャスの弦の張替。てか、エレキギターはこの2本しか持ってないが。
メインはUSAの77年。サブがJAPANのAシリアル(ってことは85年位)。(*注1)
メインのUSAを人に譲ってもらってからはこっちばかり弾いてて、サブの方(こっちの方が1本目)の出番がめっきり少なくなった。
で、普段触ってるUSAはともかく、JAPANは文字通り埃を被ってて、今回ちょっと反省。このままじゃクサルぞ、と掃除がてら弦を張り替えてやった。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
(*注1)ってことは10年も製造年が違わんのに実際の見た目はUSAが相当年季入ってて貫禄がある。JAPANはホントまだ若い感じで、パッと見20年前のギターと思えない。
posted by ton-goo at 02:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ギター&その他楽器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月25日

プレベが欲しい(もしくはムスタング・ベース)

「Elvis Costello & The Atractions / Get Happy!!」を聴く。
アトラクションズのベースは確かプレベを使ってたと思うが、このアルバムを聴いててやっぱプレベにしとけば良かったなーとまたまた後悔してしまう。

俺は元々ギター弾きで、とある理由からベースを弾くことになり、それまでベースにあまり興味が無かったことから、「ピックアップが2つある方がバリエーションが出るだろう」という単純な理由でジャズベ(*注1)を購入したのだ(もう8年前か。。。)。
弾き比べとか吟味とかそういう類のことはせずに勢いでジャズベを買って、まあ特に気にせず弾いていたが、一回スタジオの借り物のプレベ(フェルナンデスだったような)を弾いてみたらとても好みの音が出た。あー、これだ、俺の求めてたのは。ピックで弾いた時のゴリッ(ゴリッというかブイッというか。骨太の音)とした感触の音はとても心地よかった。ジャズベもこのゴリッと感が出ない訳ではないが、プレベにはかなわない。ストラトでもテレキャスっぽい音は出るが、それなら結局テレキャスの方が良い音であるってのと同じだな。

ちなみに、福岡にはバンビーノ☆ラジオってバンドがいて、ギターとベースは一見カワイイ女のコだが、二人とも見た目から想像するのとちょっと違うカッコイイ音を出す。で、そのベースのコがムスタング・ベース(だったはず)なのだが、これがゴリッと良い音で、ムスタング・ベースってちゃんと音聴いたことなかったがこれも非常に魅力あるなーと。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
(*注1)FenderUSA新品で購入。最初期型コントロールの2vol-2tone、ってあまり見ないタイプ。安さに惹かれて購入したが、ネックがバリ順ゾリで1回ネック交換した。しかし交換ネックも既に反ってるような。。。 対応した楽器屋は既に無い(この楽器屋にはあまり良い思いしたことない)ので文句を言う先も無い。
posted by ton-goo at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ギター&その他楽器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする