2008年09月29日

ハイコンチューニングをやってみた

10,000アクセスを突破したので皆さんありがとうの記事。
でも一般的な話題じゃないな。いつものことながら。
検索でこのブログに訪れる方、過去記事についてコメント下されば出来る範囲でお答えしますので、どうぞご遠慮なく。

使用プレーヤーはSL-1200MK4。
FR-54と自作アーム台の具合が引越してからどうもうまくない。
盤によってサ行がキツかったり高音が濁ったり、かと思えば鳴りがおとなしくなった盤もありで。。。
旧型M44GはSL-1200MK4の付属アームで使用したことがなかったので、付属アームで試してみる。
尚、リファレンス盤はBeatlesのWhiteAlbum(TOJP-7080〜81)、主にSIDE1での印象。

サ行のキツさ/高音の濁りはほぼ無くなった。
しかしクセのある中高音、グッと伸びない低音。聴いてて面白みがちょっと無いというか。。。

と言うことで、前々からやりたかった付属アームのハイコンチューニングをやってみた。俺のSL-1200MK4の付属アームは、FR-54と比較するとコンプライアンスに歴然の差があったので。
2chとかでハイコンチューニングのやり方については簡単に書かれてるので、今回は実際に俺がやってみての幾つかを以下に。

1.水平軸のピボット軸を緩めるのは、アームの外側のみ。アームの内側に同様のネジが見えるが、ダミーではないだろうか。

2.緩める軸の外側/内側のネジについて、外側のネジはペンチで回すことも可能。しかし慎重に。

3.俺の場合はピボット軸を緩めてみたものの、1cm角の新聞紙の反応は変わらないように見えた。やはり軸を研磨する必要が本当はあるのかも。とりあえず7時-1時を6時-0時にし、ほんの少しガタがあるのを確認。

4.ハイコンチューニングを施した後の印象だが、まず中高音のクセが幾分すっきりし、低音も若干伸びるような気が。とりあえず、聴いた感じは好印象。響きが無くなってベタッとするような感じも薄れた。笑ったのが、サ行のキツさ/高音の濁りがホンのちょっと増えた。
まあ、よくあるプラシーボかも知れんので、当面このセッティングを継続。

以上のことを踏まえてハイコンチューニングを試される方は、あくまで自己責任で。
posted by ton-goo at 01:24| Comment(0) | TrackBack(0) | レコード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月09日

スルー・ザ・パスト・ダークリー

まずは前回の記事の訂正。
「ダイレクト・カッティング」の記述があったが誤用により訂正した(本来の意味はこちら)。

さて、前回の記事で取り上げた手塚さん。
その手塚さんがカッティングしたレコードが届いた。
ストーンズの「スルー・ザ・パスト・ダークリー」(US盤仕様)。
Universalから先月発売された名盤LP100選の中の一枚。
同種の企画は国内他社でも最近行なってはいるが、タイトル数の多さでは今回の企画が随一だろう。

070909_01_RS.jpg

いつの間にか俺の手元には4枚の「スルー〜」が。

070909_02_RS.jpg

まずCD。
左が89年発売。これのみ英盤仕様。ジャケは八角形ではない。
隣が06年発売の紙ジャケ。02年リマスターのCD層と同一。
左のレコードはセカンドプレス以降と思われるUS盤。
で、右が今回手に入れたレコード。

音の方だが、今回のレコードのマスターは、02年リマスターと同じであろうDSDマスターとなっており、非常に鮮度の高い音が聴ける。
また、元のマスターの音を出来るだけそのままレコードに刻みたいという意向のようで、クセのない音質でレンジもとても広い。なおかつCDでなくレコードという媒体に乗せたことで、CDだと賑やかに鳴る部分が若干おとなしく聞こえるがその分押し出しが強い音が楽しめる。

それに対し元を辿れば同じマスターのUS盤は、今回のレコードと比べるとレンジが幾分狭く、それを補うようにイコライジング等の処理を施しているのがより分かりやすい。
その影響なのか、例えば1曲目の「Paint it black」だが、終盤のビルのBassがグリッサンドにて唸りを上げる様はUS盤の方がスリリングに聞こえる。

個人的にはUS盤の音の方がストーンズらしさを感じる。
02年リマスターの音は何と言うか上品に聞こえてしまうことがあって、居心地悪い感じになったりするのだ。
まあ、ここら辺は個人の好みもあるので。

さて外観。
89年CD以外は八角形の変形ジャケである。
紙ジャケCD/今回のレコードで特徴的なのが八角形にするために落とされた四隅の切り口の処理である。

070909_03_RS.jpg

写真のように、四隅には始めは部材が残っていて後で落としやすいように切り込みが入っていて、そして不要な部材を落とした後は四隅に部材が存在した痕跡が残る。(写真の赤丸部分)
これがオリジナルのジャケの仕様で、セカンドプレス以降の手持ちのUS盤では四隅の切り落とし部分は綺麗に裁断されている。

今回の名盤LP100選、第1弾ということで、第2弾は10月に発売予定となっている。
Universalの公式HPでは、完全限定生産につき第2弾の予約も既に締め切っているとあるが、オンラインや店頭でまだ予約を受け付けているところもあるようだし、第1弾のレコードを店頭に置いている店だってある。
その第2弾についてストーンズ関連は2枚。ベガーズとレット・イット・ブリード。
俺は既に予約済だが、ベガーズはオリジナル盤を持ってないのにレコードではこれで4枚目になる。ABKCOのDSDマスター盤もあるので、これも聴き比べの予定。
posted by ton-goo at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | レコード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月08日

東洋化成でレコードを作ろう!

先日の読売新聞・日曜版の『達人図鑑』に、東洋化成カッティングエンジニアの手塚さんが紹介された。(web版の記事はここ。写真はノイマンのカッティングマシーンを操る手塚さん。カッコイイ!)

で、記事の本文は置いといて、最後に「自分の演奏をレコードに」とある。
ナニー?!

どうやらCD-R等の音源を1枚15,000円でレコードにカッティングしてくれるとのこと。1枚限りなのでカッティングしたラッカー盤がそのまま手に入るようだ。

俺の部屋で自分の音を録音したCD-Rを作れてもレコードは作れない。
でも自分の音をレコードで聴きたい。と言うかレコードで持っておきたい(笑)という願望は前々からあった。

しかし、ちゃんと形になった俺の音ってないよなー。デモっぽいのばっか。
というワケで、東洋化成でレコードを作ろう! 音作りの作業を進めんとね。
posted by ton-goo at 02:58| Comment(0) | TrackBack(0) | レコード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月21日

SONY PS-X33との別れ

SONY PS-X33。1980年製造。

とうとう寿命のようだ。ターンテーブルの回転が暴走してしまう。

先日修理に出した際、故障部分は発見出来たが既に部品が在庫していないとのことで、そのまま返却された。

元々は俺の兄貴が発売当時に買ったものだ。
定価は4万円しなかったようだが、あの頃はその価格帯で様々なプレーヤーが製造されていたことだろう。

これまで随分世話になった。

070721_01_PL.jpg

コントロール類はくすんでしまっている。

070721_02_PL.jpg

START/STOPボタンの傷んだ外観。操作自体には全く問題なかった。
カートリッジのXL-15は取り外して今後も使用する。
EPアダプターも保存しておくつもりだ。

070721_03_PL.jpg

アームリフターは10年以上前に壊れ、アームを上げても自然と下がるようになっていた。

070721_04_PL.jpg

ヒンジが割れ、バネが飛び出している。ダストカバーは開け放しにならない。
これも10年以上このままだった。

070721_05_PL.jpg

電源を入れ、動作させてみる。
異常に高速回転し、STOPボタンが利かないこともあった。

070721_06_PL.jpg
posted by ton-goo at 02:18| Comment(2) | TrackBack(0) | レコード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月26日

やっちまった。。。

Speedball Babyの『Get Straight For The Last Supper』、10インチ。
ターンテーブルから持ち上げた時に両手からスルリと逃げて、盤面にキズが付いた。

ああ、何で大好きなレコに限ってこんなことに。
あまり思い入れのないレコであればあきらめも付くが。
前にやっちまった時はスライダーズの『がんじがらめ』。泣く泣く中古でもう1枚買った。なので、棚には『がんじがらめ』が2枚並んでいる。
今回も、もう1枚買うことになりそうだ。

Speedball Babyはここで試聴可能。違うアルバムだけど。ガレージロックンロール。かっこいいバンド。
posted by ton-goo at 02:43| Comment(0) | TrackBack(0) | レコード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月15日

胎教に使ったレコード

一応、ウチのやつのリクで胎教のためにこんなレコードが常備されていた。
以下、よくかけた順。

1. John Lennon / Imagine(米盤APPLE SW3379)
2. Neil Young / After The Gold Rush(英盤REPRISE RSLP6383)
3. The Beatles / Rubber Soul(英盤PARLOPHONE PMC1267)
4. Neil Young / Everybody Knows This Is Nowhere(米盤REPRISE RS6349)
5. Lou Reed / The Blue Mask(独盤RCA NL84780)

「イマジン」はヤフオクで去年購入。こういう定番で聴いてないのは結構多いので、他のの落札ついでに。米オリジということだったが、出品者があまり信用ならなそうな奴というのが後で分かったので、ホントにオリジか定かでない。特に調べもしなかったが、気に入っているので良し。
「After The Gold Rush」は英オリジを選択。「Southern Man」の間奏が長いバージョンが入っているやつ。以前の記事では「俺には独再発盤がしっくり来る」とか言ってたが、お腹の中じゃ英盤のゴツゴツした音の方がよく聞こえるはずと思って(ホントかよー)。
「ラバーソウル」は何だかんだ言ってた割にスゴク気に入ってて、去年の年末からヘビロテ状態だった。
「Everybody Knows 〜」は。。。詳細不明。再発? の割に、とりあえずマトはRS-1とRS-2で、音の鮮度も良い感じだ。
「ブルーマスク」は実はほとんどターンテーブルに乗っかってないような気がするが。ルーは胎教には不向きか? というか、上記5枚の盤で唯一裏ジャケにバーコードがあるのが気に食わなかったりして。。。

三船敏郎の娘(ダンナは虎舞竜のボーカル)は、胎教にツェッペリンを使ってたらしい。で、生まれた子供はツェッペリンを流すと機嫌が良くなるそうな。
何だよー、ツェッペリンでも良いわけじゃん(俺ン家ではツェッペリンをかけると「またツェッペリン?」と非難される)。
ボンゾの懐の広いドラムは赤ちゃんにとっては母親の心音みたいなものか(ホントかよー)。
まあ、でもツェッペリンで心が安らぐ妊婦はそういないよな(笑)。

最後に、話は全く変わるが、日頃お世話になっているサイトで紹介されていたのが、「まなちゃんを救う会」
さすがに最近父親になった身としては他人事のような気がしない。
posted by ton-goo at 01:02| Comment(5) | TrackBack(0) | レコード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月10日

2006年の初買い 〜 ジューク・レコードへ

去年はほとんどレコはヤフオクかeBayで買ってた。
歩き回るだけでは探すのが難しいレコを自宅にいながらゲット出来るのがネット取引の大きな魅力だ。
しかし、たまにはレコ屋を訪ねて実際のレコを手に取りながら、今日はどのレコを買って帰ろうかと悩むのもいいモンだ。
店内をまわるうちに手に持つレコの枚数はどんどん増え、レジに持って行こうとする前に今日の予算のことを思い、泣く泣くレコを何枚か棚に戻すということをよくやられる方もいるだろう。俺もよくやる。

1/7(土)に何ヶ月かぶりにジューク・レコードへ。(*注1)
年始セールみたいなのをやってた。

あまり時間を掛けずに店内を回ったつもりだが、それでも予想以上に抜いてしまったので、検盤してふるいに掛けることにする。
残念ながら棚に戻されてしまったレコは、クラッシュの1st英初期盤?、コステロのGet Happy!!英オリジ2枚、ルースターズのディス、ビートルズのリボルバー再発(シルバー・パーロフォン)、といったところ。コステロは値段の違う2種であったが、2枚とも棚に戻るはめになった。

で、今回のお買い上げは。。。
ストーンズの「ビッグ・ヒッツVol.2」米盤。レーベルを見るとオリジ盤ではないようだが、ジャケは例の8角形。ま、紙ジャケ発売記念ということで(笑)。再発でもこのジャケあったんだ。。。状態がVG++ということもあって、格安。
それと、Everything But The Girlの「Baby,The Stars Shine Bright」独盤。自分で言うのもナンだが、らしくない買い物をしてしまった。。。
他に、ポール・ウェラーとコステロのシングルを2枚ずつ。
コステロの「High Fidelity」は新品なのに400円で購入出来た。

ジュークの印象だが、全体的に見ると割安感がある。
棚からあふれた余剰在庫がかなり安い値段で段ボール箱に入れられ、あちこち足元に置かれている。しかもクズ盤ばかりでなく定番に当たるレコも結構入っている。
たまに貴重盤を見かけても法外な値段はついておらず、ちょっと状態が悪かったらかなりの安値になってたりする。
もし福岡の天神に立ち寄って少々の時間の余裕があれば立ち寄ってみることを勧める(俺はジュークの回しモンじゃないがな)。
但し、検盤は出来るが視聴は不可。それとカード不可なので、ご注意。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
(*注1)博多の三大ロック中古盤店と言えば「ジューク・レコード」、「ボーダーライン」、「田口商店」ではないだろうか。この3店は九州外にもその名が知れ渡っていると思う。
posted by ton-goo at 00:29| Comment(4) | TrackBack(0) | レコード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月25日

The Beatles / Rubber Soul(Loud Cut)

世間はクリスマスだ。で、俺のとこにクリスマスプレゼントが来た、イギリスから。
Beatles の Rubber Soul(マト1、Loud Cut盤)。eBayで落札。

盤がVG+ということ(*注1)と、同じsellerが同時にEXレベルのマト1も出してたからか、破格の安値(10ポンド)で手に入れた(EXの盤の方は34ポンド)。

で、実際の盤の方はというと。
恐らく盤の個体差(*注2)と溝の傷み具合から、VG+は妥当(*注3)。
Beatlesの英盤は7インチを数枚と A Hard Day's Night を持ってるが、それらを聴いてきた印象から今回の Rubber Soul は相当期待していた。
まー、でも、やっぱVG+は妥当(*注4)。それでも Loud Cut と言われる所以を見せてくれる曲はいくつかあるし、Rubber Soul を初めてモノで聴いたし、お楽しみどころはそれなりにあった。これを二千円ちょい(*注5)で手に入れて良しとするか、七千円出してより状態の良いものを求めるか。難しいなー。

全体的にチリ音が入り、歪みが目立つ曲もある(特に「Michelle」のような静かな曲では顕著)。
全ての曲がラウドにカッティングされているという印象はなく、全ての曲の低音が突出している訳でもない。しかし、その中でも Loud Cut と言われるのも頷ける曲も存在する(「Norwegian Wood」「What Goes On」等)。
また、モノ・バージョンならではのミックス違いはステレオ・バージョンを聴き慣れた耳には非常に新鮮だ(「Drive My Car」のタンバリンはあんなに大きい必要があるのか?)。

再生装置の違いで印象も変わる(*注6)し、それにモノ針でもない(*注7)ので盤の本来の魅力をまだ聴いていないだけかも知れない。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
(*注1)あと、ジャケもそれなりに傷んでたし、インナーもオリジナルじゃなかったし。
(*注2)マト1はおろかマト4さえも今まで聴いたことないんで、はっきりは言えないが。当時Beatlesの英盤は、相当枚数を限られた時間の中で出荷しなければならなかったので、プレスに出来不出来が少なからずあるというのをどこかで読んだことがある。
(*注3)海外のオークションだと「NM=NM〜EX-」ってのはザラ。この前なんか、「unplayed」に引かれて落札してみたら思いっきり「played」の盤があった。まあ、音も良かったし安かったからいいが。ヤフオクだとあまりこういう例はないが、それでも確実に悪いヤツ(業者の方が油断ならなかったりする)がいるので注意。
(*注4)たまにVGでノイズまみれでも音に魅力のある盤は存在する。今は手元にないが、Whoの Meaty Beaty〜 DECCA盤がそうだった。
(*注5)送金時期が12月中旬で、今年で一番円が安かった(1ポンド=212円とか)。今日は201円くらいか。
(*注6)俺ん家はレコードの再生装置が2セットあって、通常は居間にある方で聴いてる。で、その居間にあるセットの方が(マジで)安っちく音のレンジも狭い。
(*注7)来年こそはモノ針導入か? その前にプレーヤーをグレードアップさせんとイカンか。
posted by ton-goo at 15:09| Comment(0) | TrackBack(0) | レコード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月01日

ミュージカル・バトンの続き、また続く

ミュージカル・バトンの「5曲」だが、ナンと、Grooversの「現在地」を挙げてた人が他にもおった! 何て奇特な人だ、エライ!

それと、その「5曲」なんだが、俺って7インチでよく聴くやつが結構あったんだよな。うっかり忘れてた。レコ聴いてて、次どれ聴こっかなーとか迷ってる時のインターバルの穴埋めで聴くこと多し。
ということで、7インチでよく聴く5曲(枚)をやってみた。
もう元のミュージカル・バトン関係なし。。。
:The Jam / Eton Rifles / See-Saw (英盤Polydor POSP83、仏盤?Polydor POSP83)
:T.Rex / Solid Gold Easy Action / Born To Boggie (英盤EMI MARC3)
:The Who / Happy Jack / I've Been Away (英盤Reaction 591010)
:The Beatles / Paperback Writer / Rain (英盤Parlophone R5452)
:The Who / My Generation / 〜 (英盤Brunswick 05944 〜Shout And Shimmy、英盤Polydor 863 918-7 〜Pinball Wizard)

…JAMは日本盤のレコでも良い音してると思う。でも本国盤のギュッと締まった押しの強い音には思わず身を乗り出す。特にこの「Eton Rifles」はイントロからドスが利いてて非他に良い。先に購入した英盤はジャケがなかったので、ジャケありの仏盤(というかフランス製?)を後で買った。
T.RexはB面聴きたさに。
「Happy Jack」は一見おとなしそうな曲に思えるがReaction原盤で聴くとこれまたドスが利いてて、良い意味で予想を裏切ってくれる。
「Paperback Writer」はステレオ音源で味わえないモノラルの迫力と躍動感を持っている。
で、トリはやはりこれですか、マイジェネ。てか、ブログ登場の頻度から行くと、ブログのタイトルをマイジェネなんとか、に替えないとなー。俺のBrunswick原盤はあまり良くないんだが(*注1)。。。 で、それから行くと英再発盤の方が非常にノッテ聴ける。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
(*注1)低音が若干薄いのと、後半なぜか音量がレベルダウンする。このレベルダウンは俺の所有盤だけなのかどうか、いつか確認したい。
posted by ton-goo at 02:14| Comment(2) | TrackBack(0) | レコード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月27日

TheWhoの来日1周年

だよなー。去年の7/25(日)、大阪にTheWhoを観に行ったのを思い出すぜ。

で、あんま関係ないが「My Generation」のこんな盤が出たみたいだ。
俺は買うぞー。
多分これ買う人そんなにいないと思うので内容は改めてレポートする予定。でもこのアルバムのオリジ盤は持ってない(Virgin盤は持ってるけど)んでオリジ盤との比較はナシね。
posted by ton-goo at 00:48| Comment(0) | TrackBack(0) | レコード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月17日

レコードが好きな話 〜 「四重人格」

自宅で音楽聴く時。
ほとんどレコードしか聴かない。CDもレコードより持ってるがCDは専ら仕事ン時の行き帰りとか昼休みにウォークマンで聴いてる。
知り合いに「最近どんなの聴いとる?」と聞かれ、「うーん、いろいろッスね!」と答えてみたが、最近買うのもレコードの比率が高く、CDで持ってるのをレコードで買い直したり、もともとレコードで持ってたのにオリジナル盤買ってみたり。つまり、全然いろいろ聴いてることになってない(前に聴いたことあるやつを聴き直してるということ)。
じゃ、音楽生活が充実してないかと言うとそんなことなくて、もう幸せなんである。特にレコード聴いてる時!

ビニールジャンキー? 軽くそんなとこか。重症のヤツはもっといっぱいいるだろー。

直接レコ屋に行ってパタパタとレコード見るのも楽しいが、欲しいブツを効率良く見つけるためにネットオークションをホントよく利用する。今年手に入れたレコの半数はオークションを利用してのものだ。
出来るだけ安く、出来るだけ良いものを落とそうと心がけているので、ガンガン高値で落札されるブツを指をくわえて見過ごすことが多いが、たまーに安くで手に入れることがある。

で、この前TheWhoの「四重人格」のUKオリジ盤(*注1)を運良く格安で落札したのだが、最近他の出品で同じようなUKオリジ盤が俺ン時の4倍の値段で落札されてたんでビックリした。
オリジ盤を中心に扱ってるレコ専門店の出品なんだが、俺が落札したレコと比較すると、盤やジャケの状態等、ほぼ変わらないようだ。マトに至っては、レコ専門店の出品はオールマト2で、俺のは1/2/1/2。
ってことは、俺の方のが良さそうじゃん、てなるのだが、さすがそのテのレコ専門店だけあって商品説明がウマイのか「〜があるのが初回盤の証」とか書かれてて、皆それにつられて入札しちゃうんだろうなー。その説明から行くと俺のも初回盤ってことになる(落札した時にはそんなコト知らんかったけど)。
より初回盤に近いレコを手に入れたいという心理は非常に分かるのだが。。。

まあ、安くで手に入れてスゴイだろ、という、半分自慢です(笑)。でもその分、安物買いの何とかもよくやってます、はは。

ま、でも重要なのはレコがオリジ盤かどうかじゃなくて、そのレコが自分にとって良い音楽を奏でてくれるかどうかということで。ものによって本国オリジ盤より日本盤の方が良いとかいうこともあったりしてね。そこら辺の話はまた改めて出来ればと思う。
いやー、それにしても、この「四重人格」のUKオリジ盤は良かった。日本盤は持ってたんだが何かスッキリしない音で印象が良くなかったし。こういうことでその音楽に対する感動の度合いとかも違ってくるしな。

ああ、初回からとばしすぎた(疲)。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
(*注1)オリジ盤の定義は諸説ある、というか人それぞれ都合の良いように使っていたりする(ここを読んだらその混乱ぶりもワカルかも)。ここではマト1だけとか厳しいことは言わんけど。
posted by ton-goo at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | レコード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする